【無料】独自のアバター素材を作成できるAvataaars

【無料】独自のアバター素材を作成できるAvataaars

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商用にも使える独自のアバター素材を作成できるAvataaarsを紹介します。

Avataaarsとは

Avataaarsは、Pablo Stanley氏がデザインした髪や目、口などの様々なパーツを組み合わせて独自のアバターを作成できるサービスとなっていて、ブラウザ上でパーツを組み合わせて使う「avataaars generator」版と、sketchファイルとして配布されているsketchファイル版があります。

Sketchファイル版は、Sketchのアプリが必要ですが、下記動画のような使い方ができます。

avataaars generator版

Web版はこちらにアクセスして利用します。
https://getavataaars.com/

それぞれのアクセサリーやヘアーの色、服や目などの様々なパーツを選択して、「PNG」や「SVG」などのファイルをダウンロードできます。
アバターを作成できるサービスAvataaars

Sketchファイル版

Sketchファイル版はSketchのアプリが必要ですが、持っていない場合はAdobe XDで開いて利用することができます。

ファイルは下記ページにアクセスして「Get The Libraaary」クリックでDropboxのページが開き、右上の「ダウンロード」でファイルをダウンロードできます。
https://avataaars.com/

Adobe XDで使い方をさくっと紹介します。
ダウンロードすると「Avatar Library.sketch」というファイル名で保存されますので、それをAdobe XDで開きます。

XDで開くとアセットの中に様々なパーツがシンボル化されているのが分かります。ベクターデータとして使えるので、使いたいパーツを入れ替えたりできます。
avataaarをAdobe XDで開く

こんな感じで使いたいアバターを抜き出しします。
avataaar編集をする

編集が終わったらアバターを選択した状態で「書き出しマークを追加」にチェックを入れます。
avataaarを選択

あとはメニューから書き出しを選択すれば、PNGファイルとして利用できます。
avataaarをAdobe XDで書き出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

マーツ(その他)

ビールが好き。 でも最近はワインと日本酒もいいなぁと思える今日この頃。

Webデザイナー募集!

イラストーレーター募集!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter

Webデザイナー募集!

新着の記事

mautic is open source marketing automation