SONICMOOV Googleページ

javascript入門/正規表現【プロパティ編】識別子g、i、m判別などのやり方

javascript入門/正規表現【プロパティ編】識別子g、i、m判別などのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

javascript入門/正規表現の使い方【数量詞編】先頭、末尾、繰り返しマッチなどのやり方に引き続き、今回はプロパティについての解説です。

プロパティ

global

識別子”g”がセットされているかどうか。
Boolean型を返します。

ignoreCase

識別子”i”がセットされているかどうか。
Boolean型を返します。

multiline

識別子”m”がセットされているかどうか。
Boolean型を返します。

source

正規表現パターンをString型で返します。

lastIndex

このプロパティはexec(), test()メソッドによって
最後に見つかったマッチの後の文字位置を指定する整数を返します。
これはグローバルマッチでなければ意味をなしません。
また、exec(), test()メソッドを使わず
Stringオブジェクトの match()メソッドを使った場合にも意味をなしません。

constructor

RegExpオブジェクトのプロトタイプから生成された関数を返します。

ざっとですが、以上で正規表現のパロパティについて紹介しました。

次回はこちら。
javascript入門/正規表現【メソッド編】test()、exec()などの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

運営管理者(マスター)

運営管理者です。たまに現れます。

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation