SONICMOOV Googleページ

JavaScript正規表現の使用例:メールアドレスのバリデーション

JavaScript正規表現の使用例:メールアドレスのバリデーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事でjavascript入門/正規表現の使い方【メソッド編】test()、exec()などの使い方を紹介しましたが、今回は実際の使用例として、メールアドレスのバリデーションについての解説です。

正規表現の使用例:メールアドレスのバリデーション

ではここまでで学んだ正規表現を使ってメールアドレスのバリデーションチェックをしてみます。

var address = "メールアドレス";
var regexp = /^[A-Za-z0-9]{1}[A-Za-z0-9_.-]*@{1}[A-Za-z0-9_.-]{1,}\.[A-Za-z0-9]{1,}$/;

この正規表現を解説すると以下のようになります。

先頭の1文字:

  • ^[A-Za-z0-9]{1}
  • アルファベット小文字/大文字/数字を許可

先頭より2文字目以降から@まで:

  • [A-Za-z0-9_.-]*
  • アルファベット小文字/大文字/数字/アンダースコア/ピリオド/ハイフンを許可
  • 0文字以上(つまり先頭の1文字だけでも良い)

@(アットマーク):

  • @{1}
  • 連続してはいけない

@以降からトップレベルドメインまで:

  • [A-Za-z0-9_.-]{1,}
  • アルファベット小文字/大文字/数字/アンダースコア/ピリオド/ハイフンを許可
  • 1文字以上

トップレベルドメイン:

  • \.[A-Za-z0-9]{1,}$
  • アルファベット小文字/大文字/数字を許可
  • 1文字以上

これを使って処理を分けるにはmatch()を使ってもいいのですが
ここはBoolean型を返してくれるtest()を使ってみます。

if (regexp.test(address)) {
    alert("正しいメアドです");
} else {
    alert("間違ったメアドです");
}

以上で、JavaScriptの正規表現に関する使い方はおしまいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

運営管理者(マスター)

運営管理者です。たまに現れます。

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation