SONICMOOV Googleページ

ハッカソン「LINE BOT AWARDSで1000万円を目指そう!!」を実施しました!!

ハッカソン「LINE BOT AWARDSで1000万円を目指そう!!」を実施しました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!広報のタカガイです。

12月18日(日)に

LINE bot AWARDで1000万円を一緒に目指しませんか?

をコピーに電通アイソバー株式会社さま、LINE株式会社さま協賛のもと株式会社ソニックムーブ主催でハッカソンを実施致しました!!

会場はLINE株式会社のセミナールームをお借りさせて頂きました。
とてもオシャレなセミナールームだったので、写真をペタリ…
LINE株式会社のセミナールーム

素敵なオフィス

レゴブロック?!

LINE BOT AWARDSとは?

LINE BOT AWARDS
LINEのchatbot開発およびユーザーへの普及を目的に開催するAwards。
個人・法人問わずだれでも参加可能で、優勝賞金はなんと1000万!!
私は、広報なのでエンジニアリング的なお話しは苦手なのですが、何より、「1000万」というワードに心惹かれてしまいます!!笑
LINE BOT AWARDS

sonicmoovのスタッフ

今回のハッカソンの特徴

「LINEbotをさわったことがないんだけれど…」な初心者の方から、「アイディアをもう形に実現したい!」という上級の方まで、レベルに合わせて進行させて頂きました。

ハンズオンは初心者の方向けで、環境構築からmassageAPIでできること、LINEビジネスセンターの登録からご紹介をさせて頂きました。

様々な方にご参加頂き、みなさん集中して開発に取り組んでいらっしゃいました!!
ハンズオンは初心者向け

 

実際のクライアントさま先進事例をご紹介

弊社パートナー企業である電通アイソバー冨田様より、実際の先進クライアントさま事例をご紹介して頂きました。 電通アイソバー様は弊社が開発を行うLINEビジネスコネクトプラットフォーム「Tonariwa」を活用し、数々のchatbotを活用したキャンペーン実績がございます。
電通アイソバー

【Tonariwaとは】
LINE企業アカウントでの、キャンペーンからCRM活用までLINEビジネスコネクトの多様なニーズに応えるマネジメントプラットフォームです。詳細はこちら

【LINEビジネスコネクトとは】
LINE株式会社が提供する、LINEのシステムと利用企業様のシステム間において、APIでメッセージなどの送受信を行うことで、企業とユーザーの1to1や双方向のコミュニケーションを可能にするソリューションです。 詳細はこちら

ライトニングトーク&懇親会

ハッカソンの締めに「ライトニングトーク」・・・
を行う前に一先ず、全体で乾杯をさせて頂きました!
個人的に幸せを感じるこの瞬間!!笑
乾杯

ライトニングトークには、登壇者を当日募集させて頂いたにも関わらず、なんと8名もの方にご登壇頂きました!!
いかに熱意をもって、開発に取り組んでいらっしゃったのかが、ひしひしと伝わってきました。

ソニックムーブ取締役の関口
写真は弊社、ソニックムーブ取締役の関口です。
関口もライトニングトークに登壇させて頂きました。
社内勤怠管理のBotを作成し、
「おれ、すごくね??」
とハッカソン中、しきりに言っておりました。笑

line bot awardsの審査員
総評はLINE株式会社松野様、電通アイソバー冨田様、弊社、ソニックムーブ事業部長の有冨より行わせて頂きました。

皆様、ありがとうございました。

 

ライトニングトーク終了後、参加者でお寿司とお酒を囲み、みんなで情報交換!!
楽しいハッカソン

1日の長丁場、ご参加・ご協力頂いた皆様!本当にお疲れ様でした!!
そして、ありがとうございました!!

ソニックムーブでは、引き続き、ハッカソン等のイベントを企画・実施していきたいと考えております。都度都度、告知をさせて頂きます。
イベントでお会いできることを楽しみにしています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

タカガイ()

広報・採用担当 1年目のひよっこ(´◉◞౪◟◉) 前職はキャリアコンサルタントでした! フレッシュな気持ちを忘れず、全力でがんばっていきます!!

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation