SONICMOOV Googleページ

WordPress向けコマンドラインツール「WP-CLI」が色々と素敵すぎる

WordPress向けコマンドラインツール「WP-CLI」が色々と素敵すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP-CLIってなに

全国2千万人のWordPressユーザーのみなさん、こんにちは。

みなさんWP-CLI (http://wp-cli.org/)っていうコマンドラインツールご存知ですか?

これひとつでWordPressのもろもろをいろいろできる素敵ツールがWP-CLIです。

wp-cli

何ができるって?

ざっとこんな感じのコマンドが揃ってます。

  • cache オブジェクトキャッシュを管理する

  • cap ユーザーの実行権限を管理する

  • cli WP-CLI自体の情報を取得する

  • comment コメントを管理する

  • core WordPressをダウンロード、インストール、アップデートする

  • cron WP-Cronのイベントとスケジュールを管理する

  • db ちょっとしたデータベースの操作をする

  • eval 任意のPHPコードを実行する

  • eval-file PHPファイルを読み込んで実行する(WordPressロード後)

  • export 記事やらなんやらをエクスポートする

  • help コマンドのヘルプを見る

  • import 記事やらなんやらをインポートする

  • media 添付ファイルを管理する

  • menu メニューを作成したり、使えるようにしたり、消したり、一覧を見たりする

  • option オプションを管理する

  • plugin プラグインを管理する

  • post 記事を管理する

  • rewrite リライトルールを管理する

  • role ユーザー権限を管理する

  • scaffold ポストタイプやタクソノミーを生成する

  • search-replace データベース内の文字列を検索・置換する

  • shell 対話的にPHPを実行する

  • sidebar サイドバーを管理する

  • site マルチサイトを管理する

  • super-admin ネットワーク管理者権限を追加したり、消したり、一覧を見たりする

  • term タームを管理する

  • theme テーマを管理する

  • transient Transient APIを管理する

  • user ユーザーを管理する

  • widget ウィジェットを管理する

つまり、もうこれWordPressが全部いじれちゃう訳です!

コマンドラインということは、いろんな作業が自動化できる可能性があるわけですね!

続きを読む

つかってるとこ見せて

ではでは、まずはWP-CLIを落としてくるところからですね。

※Unixライクな環境でしか使えないんです…Windowsの人はvagrant使ってとかCygwin入れるとか…

WP-CLIのホームページのTOPに早速載ってますね。

how-to-install-wp-cli

curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

ふむふむ、curlでズバッと落としてきて、

paththrough-wp-cli

chmod +x wp-cli.phar
sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp

で、パスを通すと。

そしたらほら、上で挙げたようないろんなコマンドが、こんな感じで使えるようになりますよ。

wp-info

何か具体的に…

それじゃあ準備できたので、WordPress本体をダウンロードしてインストールするまでやってみましょう!

doc.download

wp core download オプション

直感的でわかりやすいですね!

※以下のオプションは「WordPressの日本語版を./wordpressディレクトリにダウンロード」っていう具合になります。

wp-download

エンター!

wp-download

ダウンロード終わり!サクセス!簡単ね!

wp-downloaded-ll

wordpressディレクトリを覗くとこんな感じになってます。ダウンロードできてますね!ヒャッホイ!

次は―

ダウンロードしただけじゃWordPress動かないので、設定せねばならんですね!

まずはwp-config.phpの生成!(そう、生成できるんですね!)

doc.config

wp core config --dbname=xxx --dbuser=xxx オプション

めっちゃオプションある…

けど最低限DB名とDBのユーザ・パスワードがあれば問題なさそうです(DBはユーザ含めあらかじめつくっときました)

※DBのホスト指定は`–dbhost`とか、テーブルのプレフィックスに”wp_”以外のものを使いたいときには`–dbprefix`とか指定できるようですね。あと、PHPのコードを読み込む形でデバッグモードをtrueにしたりもできるみたい。

config

エンター!

config-done

うむうむ。で、ちゃんとwp-config.phpができてると。

ll-wp-config

そしたら最後にインストールして完了ですね。

doc.install

wp core install --url=xxx --title=xxxx --admin_user=xxx --admin_password=xxx --admin_email=xxxx

install

エンター!

install-done

やったー!

まとめ

どうでしたか、WP-CLI。

今回は使い勝手を見る感じでWordPressのインストールするに留まりましたが、あのコマンドの多さを見るにいろいろできそうじゃないですか?

「こんなことまでやっちゃう!?」みたいなやつをどんどん見つけていきたいですね!

そして宣伝

ソニックムーブではエンジニアさんを絶賛募集中です!

WordPressマスターもWordPressノンマスターも、皆様お誘い合わせの上是非いらして下さい!

詳しくはこちらや、サイドメニューやページ下のバナーから!

よろしくお願いします!

en → ja
` –dbprefix`
en → ja
しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

ikechan(システムエンジニア)

受託開発案件をメインにエンジニアをやってます!

関連するSONICMOOVのサービス

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation