SONICMOOV Googleページ

【Facebook】Messengerプラットフォームがベータ公開されたので実装してみた

【Facebook】Messengerプラットフォームがベータ公開されたので実装してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、F8のカンファレンスが開催されて、噂通りMessengerプラットフォームが発表されました(ベータ提供です)、ということで、先週のLINEのBOT Trialの公開に続き、ますます、チャットプラットフォームが熱くなってきた感じがします!!

それでは、さっそくFacebookのDeveloperサイトにあるクイックスタートに沿って、実装していきます。

1. Facebookアプリの作成とFacebookページの作成

まずは、Developerサイトから「新しいアプリIDを作成」を行います。
※Facebookページの作成については割愛させていただきます。

https://developers.facebook.com/

新しいアプリIDを作成

アプリIDを作成したら、「製品を追加」を選択します。

プロダクト設定

ProductSetup から今回追加された 「Messenger」を選択します。

Messengerを作成

2. Webhook を設定

Webhook は、Messenger からメッセージが送信された時に、メッセージを受け取るための callback URLです。
今回は heroku を利用したので、heroku の URL を指定しています。

Webhookの追加

Webhookを設定

注意!!この時点で、サーバが起動している状態で、HTTPステータスが200 OKを返す状態でないと設定ができないようです。

Webhook設定完了

3. Facebookページのアクセストークンを取得

アクセストークンを取得

4. Facebookページの更新をアプリが購読できるように

先ほど、取得したアクセストークンを利用して、下記のコマンドを実行します。

curl -ik -X POST "https://graph.facebook.com/v2.6/me/subscribed_apps?access_token=<token>"

5. Facebookページに対してメッセージを送ってみる

すでにあるFacebookページのトップにある、「メッセージ」のボタンを押すと、Facebookページに対してメッセージが送れるのでテストしてみましょう!!

Facebookページ

おぉ!!素敵です、単なるオウム返ししかしないですが、思った以上に簡単に始められました!!

今回、実装したプログラムは、 herokuの設定ファイルも合わせて、 Github で公開してありますので、ぜひ参考にしてみてください!!

https://github.com/iwai/messanger-bot-example

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

(システムエンジニア)

新規事業推進部のシステムエンジニアこと鰯(イワシ)です。最近ハマっているのは、AWSとPhalconです。好きなフォントは、Monaco13ptです。

関連するSONICMOOVのサービス

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation