PythonでEvernote APIを使ってCLI版クライアント作った

PythonでEvernote APIを使ってCLI版クライアント作った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にしだです。
以前からEvernoteを結構活用していたんですが、CLI版のクライアントが欲しかったので自分で作ってみました。
vimなどの連携ツールはすでに存在していたので、単純にファイルを転送してノートを作るという機能に特化した物にしました。

https://github.com/ngc224/toever

インストール
pipからインストールできます

$ sudo pip install toever

セットアップ
configオプションでトークンの取得画面を促されるのでブラウザ等でアクセスしてトークンを取得します
デフォルトのノートブックやタグも設定できます

$ toever --config

使い方
基本的にコマンドにファイルパスの引数を渡せばEvernoteに転送されます

$ toever aaa.txt

画像などなんでもいけます

$ toever photo.jpg
$ toever adobe.pdf
$ toever bbb.zip

標準入力にも対応しています

$ echo 'ああああ' | toever
$ toever < /etc/nginx/nginx.conf

tail – f とかシグナル送らないと終了できないものもつかえます

$ tail -f /var/log/access_log | toever

バイナリのストリームにも対応していて f オプションでファイル名を指定すれば下記のようなこともできます

続きを読む

$ curl http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/legal/licenses-terms/pdf/Reader_11_0_jp.pdf | toever -f adobe.pdf
$ wget -O - https://github.com/ngc224/toever/archive/master.tar.gz | toever -f master.tar.gz

各オプションでタイトルやタグ、ノートブックなどを指定できます

$ toever ~/aaa.txt -t 'title' --tag 'tag' --notebook 'notebook'

gitとかで管理するまでもないけどクラウドに保存しておきたいファイルとか
clontabで定期的にログとか画像を送るようにしたりとか
遠いサーバにログインしていてちょっとファイルを手元に持ってきたい時とか
どうでしょうか。結構便利に使えそうな気がしませんか。
というわけでこれからも謎のコマンドラインツールを作っていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

にしだ(システムエンジニア)

ECサイトやWEBアプリに加え、ソーシャルアプリの開発もやってます。

関連するSONICMOOVのサービス

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation