SONICMOOV Googleページ

WP SiteManagerでTwitterのsummary_large_imageに対応する方法

WP SiteManagerでTwitterのsummary_large_imageに対応する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、バックエンドエンジニアのひらりんです。

みなさんWP SiteManagerというWordPressのプラグインはご存知でしょうか。
KUSANAGIで有名なプライムストラテジーさんが提供してくれているプラグインです。

プラグインはこちら。
WP SiteManager — WordPress Plugins

SiteManagerというだけあって、WordPressでサイトを構築するにあたって、必要な基本的な機能が用意されていて、とっても便利なんですが、その中のひとつの機能として、SEO/SMOというものが提供されています。

今日はSEO/SMOの中にあるTwitter Cardsオプションについてです。

ボタンひとつでTwitter Cards用のメタタグをかき出してくれるステキオプションですが、カードの種類がsummaryにしか対応しておりません。

そこで、今回はsummary_large_imageに対応してみたいと思います。

summary_large_imageの設定方法

やり方はとっても簡単!

テーマのfunctions.phpに下記を追加するだけ。

if (!function_exists('twitcards_summary_large_image')) {
    add_filter('wp_sitemanager_twitter_cards_tags', 'twitcards_summary_large_image');
    function twitcards_summary_large_image($tc_tags) {
        return $tc_tags['twitter:card'] = 'summary_large_image';
    }
}

たったこれだけ!
これでヘッダー内のメタタグが書き換わっているはずです。

ちなみに他にもいろいろなフィルターフックが用意されていて、

  • wp_sitemanager_twitter_cards_image_width
    twitterカードの画像の横幅指定
  • wp_sitemanager_twitter_cards_image_height
    twitterカードの画像の縦幅指定

などがあります。

まとめ

普段プラグインを使っていて、「ここをこう変更できたら便利なのに」と思うことがある方、ちょっと勇気を出してプラグインのソースコードを覗いてみてはいかがでしょう?

そこにはプラグイン作成者が使う人のことを考えて、親切にフィルターを用意してくれているかもしれません!

また、プラグインを自分で作っている人、作り始めた人、管理画面に設定項目を設けずとも、フィルターフックを入れておくことで、汎用性が上がり、より多くの人に使ってももらえるプラグインになります。
ぜひ挑戦してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成者の紹介

ひらりん(システムエンジニア)

ソリューション事業部のシステムエンジニアをしております。

関連するSONICMOOVのサービス

システムエンジニア募集中!

×

SNSでも情報配信中!ぜひご登録ください。

×

SNSでも
情報配信中!
SONICMOOV Facebookページ SONICMOOV Twitter SONICMOOV Googleページ
システムエンジニア募集中!

新着の記事

mautic is open source marketing automation